身体への負担が少ない腹腔鏡下手術

腹腔鏡下手術は、おへその近くに1cm程度の小さな穴を開けて行う手術です。
その小さな穴に筒状の器具を通して、内視鏡を挿入します。
そして、下腹部の左右に小さな穴を数か所あけます。
その穴に器具を入れ、腹腔内のテレビモニターを見ながら手術を行うのです。
このように腹腔鏡下手術は小さな穴を数か所あけて行う手術なので、開腹手術より身体への負担が少なくてすみます。
小さな分散した傷で済むため、傷が目立たなく痛みが少ないというメリットがあります。
また術後の回復が早いので、早期に社会復帰ができるのです。
長期で仕事が休めないという方にお勧めしたい手術だといえます。
ただし、悪性腫瘍がみつかったときなど腹腔鏡下手術では対応できないときは、手術中に開腹手術へ変更になることを念頭に入れておく必要があります。
手術には不安がつきものですので、先生ときちんと話をして納得したうえで手術へ挑むことが大切です。
婦人科の疾患でも腹腔鏡下手術を行えるので、傷跡が気気になる女性にも選ばれている手術法です。