腹腔鏡下手術は身体へのダメージが少ない手術方法

腹腔鏡下手術は腹腔にカメラを挿入しカメラの映像を見ながら特殊な器具を用い手術する方法です。
従来の手術では腹部を切開し患部を目視できるまで広げるため最低数センチの切開が必要となり身体のダメージが大きく、術後軽快するまでにある程度の時間がかかります。
腹腔鏡下手術の最大のメリットは身体への侵襲を最小限にとどめることができる事でしょう。
腹腔鏡化手術では腹腔鏡と呼ばれるカメラで患部を見ることができるので患部を目視させる必要がありません。
腹腔鏡は胃カメラ程の太さなので挿入するために必要な傷は1cm程です。
他に患部を保持する器具や切開する器具などを挿入するため同様に1cmほど切開する必要がありますが小さい傷が3~4か所で手術できるのです。
数センチの傷と1cmの傷では治癒までの期間や痛みの強さに大きな差があります。
数センチの傷では痛みも強く起き上がるのも苦痛を伴い軽快するまでの期間が長くなるのに対し、腹腔鏡下手術では傷が小さいので術後すぐに動くことができる場合もあります。
ただし患部があまりにも大きい場合や腹腔鏡では患部をとらえることができない場合などでは行うことができません。
しかし身体へのダメージが少ない手術方法なので選択肢の一つとして覚えておいて損はないでしょう。